FG Premium Report 8月1日号(1%の利上げを躊躇させたもの)

米国景気が減速しているのは確かだ 今後の争点はインフレ対策を優先し続けるか否か マクロ重視派の争点となる最大の山場はひとまず終了した。すなわち7月27日に行われたFOMCのことだ。FundGarageの直前の予想通り、想 […]

FG Premium Report 7月11日号(先々を分析・予測してこそ投資)

米雇用統計の集計期間を知ってますか? FRBの理事と連銀総裁は違うもの(FOMC) 先週末金曜日に米国の雇用統計が発表された。日本市場の主たる投資家が海外投資家である以上、日本市場の動向を考える為にも米国のマクロデータを […]

FG Premium Report 7月4日号(バックミラーに前は映らない)

米国債金利水準、既に景気腰折れを示唆 10年債金利はGW前の水準まで低下した 先週末金曜日の米国債券市場、その10年債利回りの終値は土曜日の朝のちょっとした驚きになった投資家が多いだろう。何と2.88%。この水準を今年2 […]

米国債券市場の不安が現実に

米国債券市場はFRBの政策に共鳴しなかった お伝えしてきたように、一般的に諸々コメントされる内容とは違って、米国債券市場は「インフレ=利上げ」という金融政策の単純な考え方に非常な危惧を抱いていた。それは常にこのとろの長期 […]