アメリカ株市場は規模、回復力とも日本株市場を上回る

かつて米国ナスダック市場についてテレビでコメントをしようとした時、「ナスダックって店頭株市場なのですよね?流動性とか大丈夫なのですか?」と真顔で聞かれたことがありました。これには正直、驚きました。

今でもWikipediaで調べてみると「NASDAQと似ている日本における新興企業向け市場としてマザーズがある」という記述があり、更に驚きました。

下にお示しするのは、野村資本市場研究所が作成した、主要取引所の株式時価総額推移を2008年から2018年11月末までをまとめたものです。一番左がニューヨーク証券取引所で、一番右側が東京証券取引所です。


まずご覧頂きたいのは、ニューヨーク証券取引所の大きさです。2018年11月末時点の東京証券取引所が全力で背比べをしても、10年前のニューヨーク証券取引所に遠く及びません。今ではニューヨーク証券取引所の約1/4にも満たない感じです。そしてその右隣が「店頭株市場なんでしょう?」と思われて流動性に疑問を挟まれたナスダック市場です。リーマン・ショックの直後の2008年でさえ東京証券取引所全体とほぼ同等、現在では完全に2倍以上の時価総額となっています。

このチャートが語るもうひとつのポイント、お気づきですか?そうです、リーマン・ショックがあった2008年からの10年間で、どれだけ市場が回復し成長したかということです。日本市場もこの10年間は黒田バズーカとか、アベノミクス効果などと「上がった、上がった」と天狗になっていましたが、東京証券取引所がバズーカ砲の影響ならば、米国市場はバズーカ砲どころか、宇宙戦艦ヤマトの波動砲(たとえが古臭くてすみません)のような勢いだといえるのではないでしょうか?しかも、そもそも東京証券取引所の約3倍の規模があった市場が、その勢いで動いているのです。

両国の時価総額トップ50は?

下の表は直近(2019年4月9日付(米国は4月8日付))の上場株上位50社の日米比較です。すべて単位は兆円に揃えてありますが、我が国最大の時価総額を誇り、第2位のソフトバンクグループの約2倍の時価総額を誇る天下のトヨタ自動車でさえ、米国市場の中に入れると第38位となってしまいます(若干数値が違うのは換算為替の影響です)。更に言えば、米国市場で第50位となるアボット・ラボラトリーでも、日本市場の第2位のソフトバンクグループよりも時価総額は約4兆円も大きな数字になります。これだけ市場規模が違うという事です。

蛇足で付け加えるならば、米国市場の第10位までの中で、件のナスダック市場に上場している銘柄は、アップル以下6銘柄にもなります。


これほどまでに日米株式市場は市場規模が違うということがお分かり頂けるかと思います。

市場規模が違うと何がどう違ってくるのでしょうか?

あまりにプールが小さすぎると、クジラが飛び込んだら水が溢れかえります。この喩えはよく新興国市場に大挙して欧米の投資資金が押し寄せた時などに使われる表現ですので、この例にはさすがに当て嵌めたくはありません。

とは言え、流動性という問題には大きな影響を与えます。それはそのまま、その市場で運用出来る運用資金の規模(要するにクジラの大きさ)を規定してしまうことになります。

そしてもうひとつは充分な値ごなれが出来ているかということにも繋がります。沢山の出来高があって、充分な流動性があれば、買いも売りも充分にこなすことが出来ますが、出来高が足りないと一週間も二週間もかけて買いや売りを捌かないとならない場合が出て来ます。実はこれが怖いんです。何かに対する市場のリアクションが瞬時に消化し切れないということですから。ネチネチと尾を引く、ということです。需給上の転換速度には気を付けたいものです。

あなたの株式投資や投資信託選びが変わります
株式投資や投資信託でお金は殖やしたい、でも損はしたくない。どうすれば良いだろう?

Fund Garage を活用して、成果につながる株式投資の方法失敗しない投資信託の選び方を身に着けてください。私たちの経験や知識をできるだけわかり易くお伝えしますので、もう金融商品選びに迷ったり、販売を目的とした営業パーソンのお勧めに煩わされることはありません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事