今朝(平成31年4月21日)の日経新聞30頁(サイエンス)のところに『「AIチップ」日本の出番』という記事が掲載されていました。見出しからは、「日本の出番が来たのか」、或いは「日本の出番は無いのか」、どちらとも読める(判断がつかない)内容なので、ちょっとこの新聞記事を題材にして「株式投資に失敗しない新聞記事の読み方」について考えてみたいと思います。

記事の主旨

記事は「人工知能(AI)の情報処理に適した専用の半導体回路「AIチップ」を開発する事業が日本で始まった。」という一文から始まります。どうやらAIに特化した専用の半導体を東京大学と産業技術総合研究所が16億円で購入した専用のコンピューターを駆使して、これから設計や検証の支援をして行く、或いは人材育成などにも役立てて行くということのようです。技術や資金に乏しいベンチャーにも門戸を開放するというところが、ひとつのポイントでもあるようです。

ただ世界では既にAIチップの分野では猛烈な研究開発競争が繰り広げられていて、グラフィックチップの最大手である米国エヌビディアが先行、但しそれは深層学習(DLDeep Learning)に関するものが主流だとも報じています。

そしてこの分野では既に米国グーグル、インテル、アップル、フェイスブック、アマゾンや中国ファーウェイやアリババ集団など米中勢が鍔迫り合いを繰り広げていますと。ただ、それはクラウドの世界の話で、(「端末側」という意味の)「エッジ」ではないので、東京大学池田教授の弁として「日本はセンサーなどの技術に強みをもつ。エッジ側なら戦える」という立ち位置で記事は進みます。

少し技術的な部分に触れ「AIチップの情報処理では、大量のデータの記憶素子とのやりとりが問題になる。既存のCPUは計算のたびに記憶素子の読み書きを繰り返し、処理時間が長くなり消費電力も大きくなる。読み書きを減らし一気通貫で計算できれば、計算時間を短縮し消費電力も少なくできる。」とAIチップの特徴を説明しています。

そしてエッジ側のAIチップについては国内半導体大手のルネサスエレクトロニクスが早くから頑張っていて、既に製品化して販売中だとも伝えます。

用途としては、工場の生産ラインで不良品を早期に発見したりするのが現状で、今後は自動車やロボットに多数搭載されていく可能性が高いと推論しています。何故なら、高度な処理をAIに全て任せるとなると、瞬時の判断が必要となる為、コンピューターが大きく重くなるので、端末には載せられず、端末とクラウドの間で途切れない安定した通信が必要となります。だからこそAIチップの出番なのだと結びます。スマホの音声認識も今はクラウド処理だけど、今後はAIチップの処理になるだろうと予測しています。

最後にAIのソフト分野に触れ、やはり米大手が席巻し、こちらも日本の存在感が薄いと。だからこそAIチップに日本は活路を見出さないと駄目だと結論付けています。つまり、これから「日本の出番が来たぞ」という意図での記事だと思われるのですが、さて、株式投資の目線で見るとどうでしょうか。

記事の通りだとすると投資対象は?

さて、この日経新聞の記事を元に投資対象を考えてみることにしてみましょう。

 

続きは以下から無料でお読みいただけます。


あなたの株式投資や投資信託選びが変わります
株式投資や投資信託でお金は殖やしたい、でも損はしたくない。どうすれば良いだろう?

Fund Garage を活用して、成果につながる株式投資の方法失敗しない投資信託の選び方を身に着けてください。私たちの経験や知識をできるだけわかり易くお伝えしますので、もう金融商品選びに迷ったり、販売を目的とした営業パーソンのお勧めに煩わされることはありません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事