国際分散投資が大切だ、という事はわかりました。では、どの商品を選べばよいですか?証券会社のホームページを見ても種類が多すぎてよくわかりません。

どの商品を、と思いますよね。でもその前に大切なことがあります。株式とか債券などの種類ごと(アセットクラスとか、資産クラスといいます)の特徴を把握することです。これを把握していると今後、マーケットの変動やいろいろなニュースがでても慌てなくて済むようになりますよ。

 

資産の種類ごと(アセットクラス)の特徴を知る

自分で作る国際分散ポートフォリオの2回目は、「アセットクラスの特徴を知る」です。世界中に幅広く分散投資をするわけですから、株式市場全体の特徴や債券市場全体の特徴を把握しておくことが大切になります。

株式や債券といったアセットクラスの特徴を知ることは以下のメリットがあります。

  • 年齢や投資期間、或いはリスクに対する考え方によって株式と債券の比率を決めることの根拠を理解することができる
  • 大幅な値動き(特に値下がり)があった場合でも落ち着いて対応することができる

では実際のグラフを見てみましょう。

このグラフは、182か月間(2002年12月末~2018年2月末)の、国内外の株式、債券の値動きを示したものです(2002年12月時点に国内で販売されていたインデックス型の投資信託のリターンデータを基に作図)。

株式は値動きが大きいですが、時間をかけて大きく値上がりしています。一方債券は株式に比べると値動きは小さく、その分値上りも小さくなっています。

このような株式、債券の値動きの特徴を別の形のグラフで確認してみたいと思います。

下記のグラフは上記と同じデータの月毎のリターンです。毎月毎月どのような値動きをしているのかを良く理解することができます。グラフが上に伸びているのはプラスの月、下に伸びているのはマイナスの月です。

上記は国内株式ファンドのグラフです。以下のようなことに気づくのではないでしょうか?

・大きいプラスの月、大きいマイナスの月、それなりの月がある

1か月で10%以上値上りしている月もある一方、2000年秋には1か月で20%以上値下がりしている月もあります。また値動きが小さな月もあります。

こちらは国内債券ファンドのグラフです。株式と同様、グラフが上に伸びている月もあれば下に伸びている月もあります。

ただし株式と左の軸をよく比べてみると、値動きの大きさが異なることに気づきます。最大のプラスでも2%弱、最大のマイナスも2.5%弱です。値動きだけで見ると株式の1/10程度です。

こちらは日本を除く先進国の株式ファンドの値動きです。時期は異なりますが、上下の幅や値動きの傾向は国内株式ファンドとにていると見ることもできるかもしれませんね。

最後は外国債券ファンドのグラフです。国内金利はゼロ金利政策が長いこともあり変動が殆ど無いですが、先進国全体では金利の上下変動がありましたので、株式よりは小さい幅ですが、上下に動いていることが分かります。

グラフのイメージでも十分に株式と債券の値動きの特徴の違いがわかりますが、数字にするとよりはっきりとその違いを把握することができます。

 

国内債券 国内株式 外国債券 外国株式
毎月のリターン(プラスもマイナスも)の平均 0.12% 0.67% 0.34% 0.82%
182か月のリターンの合計 21.83% 121.61% 61.21% 148.75%
プラスの月の数 112回 108回 114回 118回
マイナスの月の数 70回 74回 68回 64回
最大のプラス 1.84% 12.60% 8.43% 13.62%
最大のマイナス -2.27% -20.31% -12% -22.42%

このように数字にしてみると各アセットクラスの特徴が非常によくわかります。

例えば株式ファンドを保有している場合、月毎ではプラスの月もあればマイナスの月もあることがわかります。

10か月のうちの4か月はマイナスです。さらに、すごく悪い月にはマイナスが20%を超えることもありました。しかしながらマイナスの月も含めた月次リターンの平均はプラスになるので、182か月間のリターンの合計もプラスになります。これは「経済成長、企業収益の増加があれば、株式は長期では確実に値上がりする」という理論的な背景が株式にはあるからです。

特徴を把握したらできるようになること

このように各アセットクラスの特徴を把握すると以下のようなことができるようになります。

  • 値動きの大きい種類と小さい種類を組み合わせて自分に合った値動きの大きさの「ポートフォリオ」を作ることができるようになる
  • 大幅な値下がり時でも落ち着いて対応できるようになる
  • 検討している商品がどのアセットクラスに該当するかわかれば、商品の特徴もつかむことができる

商品の選び方や値動きに対する対応が次のように変わります。

 

Before
    • 人気があるのはどのファンド?
    • お勧めの商品は?
    • これから上がりそうな商品(投資対象)は?
    • 株式が大きく値下がりしたから一度解約したほうがよいのか?
    • 来年お金が必要になる。今解約したほうがよい、それとも来年まで待った方が上がる?

After
    • 私は投資(積立)期間が長いから株式を多めにしよう
    • 大幅に値下がりしているが過去にもこの程度の値下がりはあった
    • 値動きはそもそもあるものだ。使う時期はまだ先なので継続して保有しておこう
    • 来年お金が必要になる。債券の割合を多くして解約時期に株式が値下がりしても大丈夫なようにしておこう

つまり、資産運用を成功させるための要因が、「将来の値動きの予想」 ➡ 「自分自身のライフプランの把握」、に変わるのです。
ぐっと資産運用がやさしくなると思いませんか?

 

あなたの株式投資や投資信託選びが変わります
株式投資や投資信託でお金は殖やしたい、でも損はしたくない。どうすれば良いだろう?

Fund Garage を活用して、成果につながる株式投資の方法失敗しない投資信託の選び方を身に着けてください。私たちの経験や知識をできるだけわかり易くお伝えしますので、もう金融商品選びに迷ったり、販売を目的とした営業パーソンのお勧めに煩わされることはありません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事