昔聞いたことがある。「中央銀行の人間にとって、利下げは負けなんだ」と。だとすれば、利上げすると言っておいて、今更”止めます”というのも、米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長にとっては、それ相応の覚悟と屈辱感を味わうことになるのかも知れない。

でも、日本の中央銀行は、過去に何度もタイミングの悪い時に利上げを行って、メンツやプライドを保って、その代わりに市場を何度も破壊した。その歴史を思い出す時、このウォールストリートジャーナルの社説は一読に値するように思う。

https://jp.wsj.com/articles/SB11034305465659204216804585006531460244558

 

あなたの株式投資や投資信託選びが変わります
株式投資や投資信託でお金は殖やしたい、でも損はしたくない。どうすれば良いだろう?

Fund Garage を活用して、成果につながる株式投資の方法失敗しない投資信託の選び方を身に着けてください。私たちの経験や知識をできるだけわかり易くお伝えしますので、もう金融商品選びに迷ったり、販売を目的とした営業パーソンのお勧めに煩わされることはありません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事