株を買うときは「指値(さしね)」と「成行(なりゆき)」があります。株式投資が初めての人にとっては馴染みのない言葉ですよね。

 

ここでは、それぞれの言葉の意味、どちらを使うべきか、について考えてみたいと思います。

 

指値とは

株を売り買いする時に問題となるのが

「幾らで買うのか? 幾らで売るのか?」

という価格の問題です。

例えば1,500円で取引されている株をそれよりも安く買うのか、高く買うのか、それは1,400円なのか、1,450円なのか、はたまた1,550円までならOKなのか。そうして明確な希望値段を決めて注文を出すのが指値取引です。

当然ですが、現値よりも少しでも安く買いたいという人は多いので、安くすれば安くするほど、買える可能性は低くなります。一方、現値よりも少し上値になっても買いたいという場合は、幾ら迄なら買っても良いという注文を出すことも出来、当然この場合は、直ぐに買える可能性が高くなります。売りの場合はこの逆になります。

 

成行とは

1,500円が現値の株を、その界隈の値段ならば多少高くなっても(安くなっても)買いたい(売りたい)時に使う注文方法です。

今はネット証券のWebページなどでも、買い注文と売り注文を集めた表示(板と呼びます)が見えますので、大体何株買う(売る)と幾ら迄値段が上がる(下がる)というのは予めわかります。

成行で注文を出せば最優先で執行されますので、通常は希望の株数を買ったり売ったり間違いなくすることが出来ます。但し、売り物が板に並んでいない時に、あまり大きな買い注文を成行で出すと、ストップ高まで行っても買えない時などがあることは要注意です。売る時も同様です。

 

基本は成行 その理由は?

デイトレーダーの方や、「1,500円で買って、1,520円で売ろう」と値段だけを見て、小さな値幅で取引をされる方を除いて、普通は長期(年単位)で保有して少なくとも2倍や3倍になることを期待して株式投資はして欲しいものです。

何故なら、企業のオーナーになるのですから、その企業の事業計画のサイクルには少なくとも合致する長さは保有したいもの。

その為にじっくり納得がいくまで企業分析して投資をするのですから、目先の僅かな価格差など誤差の範囲と思えるぐらいに欲しくなってからでないと投資すべきではないというのが基本発想です。

小型株などで出来高が少なく値が飛び易い銘柄を除いて、指値をしたがために買えない「持たざるリスク」を抱えるよりも、確実に手に入る成行を選ぶべきと思います。

逆に売る時も、もうその企業への投資を止めるという判断をしたわけですから、確実に手放せる注文方法を選ぶべきと思います。

特に損切の場合、同じように考える人は他にもいる筈ですから、執行タイミングを逃さないためにも成行を選ぶべきと思います。

これは逆に言えば、多少の価格差など気にならないだけの確信を持てるまで、買う時も、売る時も、どちらの場合も納得いくまで調査すべきだということと同義です。

 

指値をする場合は?

小型株の中には、1,500円の次は1,600円や1,700円まで行かないと売り物が無いとか、出来高が少なくて自分の注文で値段を飛ばしてしまう場合があります。

そうした場合は、指値をして、いたずらに執行インパクトを取らない方が良い場合があります。

ただそうした銘柄は、逆に売る時も同じことが言えますから、慣れないうちはそうした銘柄への投資自体を逆に避けるべきだと考えます。

 

是非、多少の価格差など気にならないぐらい欲しくなるまで検討をしてから売買の実行をしてください。株価ボードに向かって悩む時間を使うより、買う前の準備に時間とエネルギーを費やしていただきたいと思います。

 

 

実は私も買った後にすぐ下がって悔しい思いをしていました。

そんなエピソードはこちら

あなたの株式投資や投資信託選びが変わります
株式投資や投資信託でお金は殖やしたい、でも損はしたくない。どうすれば良いだろう?

Fund Garage を活用して、成果につながる株式投資の方法失敗しない投資信託の選び方を身に着けてください。私たちの経験や知識をできるだけわかり易くお伝えしますので、もう金融商品選びに迷ったり、販売を目的とした営業パーソンのお勧めに煩わされることはありません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事