投資信託にもベンチマーク設定が当然という発想は、いつ頃、どうして、誰が何のために言い出したのか。相対評価のパフォーマンスの弁明に、どうして日本の個人投資家は黙ってうなずいてしまうのか。個人投資家が本来求めているのは絶対リターン、だから利回り商品に目線が行ってしまう。業界が掘った墓穴でもあるのだが、まずはその点をクリアにしようというのが第二章。アクティブ運用よりもパッシブ運用の方が優れているという誤解を解く。その一節は下記のページを含んでいる。

外資系プライベートバンクの日本における商品・ソリューション・チームのヘッドをしていた時代、本国の外国人たちもこれはいつも不思議に思っていた話だ。それは投資銀行部門ではなく、やはり同じプライベートバンクの商品チームであったからかも知れない。日本人も外国人も、本来は何の違いも無い筈だ。それはヘッジファンド(オルタナティブ運用)を運用してた時も、投資家のニーズは同じだった。どこかで大きな誤解が生じているとしか言いようが無い。

[amazonjs asin="4828419993" locale="JP" title="97%の投資信託がダメなこれだけの理由"]
あなたの株式投資や投資信託選びが変わります
株式投資や投資信託でお金は殖やしたい、でも損はしたくない。どうすれば良いだろう?

Fund Garage を活用して、成果につながる株式投資の方法失敗しない投資信託の選び方を身に着けてください。私たちの経験や知識をできるだけわかり易くお伝えしますので、もう金融商品選びに迷ったり、販売を目的とした営業パーソンのお勧めに煩わされることはありません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事